塩素

みかんの皮でお風呂の塩素対策

mikanburo

みかんの皮でお風呂の塩素対策

冬になると食べる機会の増えるみかん。

みかんの皮をお風呂に入れると
すごくいいことがたくさんあるのです。

まず、水道水に含まれる塩素から
肌を守ってくれます。
塩素はタンパク質を壊す性質がありますので、
肌や髪に多大なダメージを与えます。
手湿疹でお悩みの方は、乾燥肌の方が
多いのではないかと思いますので、
お風呂においても塩素対策をしっかりとしましょう。

みかんの皮に含まれる香りの成分が
いつものお風呂をよりリラックスさせてくれます。
ゆっくりと香りを楽しみながら入力したら
ストレスも一緒に洗い流せそうですね。
また血管を拡張させる効果もあるので、
血行促進も期待できます。

みかんの皮には油分が含まれていて、
その油分が肌を優しく包んでくれるため
乾燥しがちな荒れた肌を保湿してくれるのです。

お風呂用のみかんの皮の準備

食べた後のみかんの皮をただそのまま
お風呂に入れるのではなく、
ちょっとひと手間が必要です。

食べ終わったら、みかんの皮についている
ワックスなどを水でよく洗い流します。
もしかしたら農薬なども少しは残っているかも
しれませんし。
せっかく体にとっていいことをしようとしているのに
農薬がついていたら効果半減です。

しっかりと洗ったら、
カリカリになるくらいまでしっかり乾燥させます。

皮が生のままですと、ピリピリとした刺激があったり、
お風呂後に日光に当たるとシミになりやすくなったりしますので、
ご注意ください。

あとはお風呂一回当たり5~6個程度分程度の
みかんの皮をストッキングやガーゼなどに包んで
お風呂に浮かべましょう。
お湯を張るときに最初から浮かべておいても
いいと思います。

みかんの皮を入れたお風呂は
とにかく体がよく温まるので、
冬のお風呂には特におすすめです。

肌の大敵・塩素をお風呂でも対策

enso

お風呂の塩素も肌の大敵

お風呂のお湯は塩素除去されていますか?
使う水の量が大量なので、いちいち浄水しても
いられないため、わかっていてもついついそのまま
入ってしまったりしていませんか。

お風呂なので、体全体がつかりますので、
やはり塩素が心配です。

お風呂に貼ったお湯の塩素を無害化して
シャワーの変わりに湯船のお湯を使うと
いいのではないかと思います。

そこで簡単にできる手作りバスフィズや
それすら面倒な場合の対処について
書きたいと思います。

緑茶でお風呂の塩素対策

何かの本で読んだので、出展が記載できないのですが、
緑茶を入れたときの茶殻を取っておいて、
ガーゼなどにくるんで湯船に浮かべるだけで
かき混ぜるだけで緑茶に含まれるカテキンが
塩素の害がないお湯に変えてくれるそうです。

緑茶を入れた後の茶殻には、
実はまだまだ有効成分が残っているようで、
お風呂のために新しいお茶っぱを用意しなくても
十分なんだそうです。

緑茶を飲んだ後の出がらしを取っておくだけなので、
お金もかからないのもうれしいですね。

野菜の切れ端を有効活用

料理をしたときに野菜の皮をむいたら、
それをお風呂に入るときに入れることで
塩素の害をなくす方法もあります。

野菜にはビタミンが含まれていますので
そのビタミンが一役買ってくれます。

野菜の中身はおいしくいただき、
皮は湯船で塩素を無害化して、
最後の最後まで野菜を有効活用することが
できます。