化粧品

シャンプー・ワックスも無添加の物を使う

シャンプー

シャンプーももちろん無添加に

切り替えるときに一番悩んだのはシャンプーでした。
シャンプーを石けんですることにすごく抵抗がありましたし、
次の日に髪がごわごわしたらいやだなと思ったからです。

特に子ども用のシャンプーで石けんシャンプーをして
髪がごわごわになるのを体験済みだったので、
なかなか切り替える勇気が出なかったのです。

近所の薬局の無添加コーナーには、
モルトベーネの「ピュアナチュラル」というシリーズが
売られていて、子ども用のシャンプーとして使っていたので、
まずはこれに切り替えをしてみました。

洗いあがりはさほど問題は起こらず、
無添加のシャンプーなのに、意外にしっとりしていました。

しばらくはこのシャンプーを使って
無添加シャンプーとしていました。

このシャンプーを選択したとき、ネットで無添加シャンプーの
レビューを見ていましたが、パックスのシャンプーも
結構評判が良かったです。

ヘアケア用品・基礎化粧品も無添加に

洗剤をすべて無添加にして、満足した気になっていましたが、
肌につける物も、すべて無添加にしなければダメだと
思い立ち、ヘアワックスや、化粧品もすべて変更しました。

化粧品は、もともとが無添加指向だったので、
少しパラベンが入っているくらいで
あとは合成の成分の入っていないものを使っていましたので、
これを引き続き使うことにしていました。

リップクリームは、最初に口唇炎ができたときから、
今使っているものはやめた方がいいと言われていましたので、
ずっと病院でもらっていたプロペトを使っていました。

使っているものを見直すときにリップクリームについても
無添加の物で、何かいいものはないかと探していたとき、
自分で作れることを知り一回作ってみると、すごく簡単にでき、
使い心地もよかったので、それからはリップクリームは
子どもの分も含め、自分で手作りしています。

オイルの配合などで使い心地は変化するのでしょうが
それについては今研究中です。

化粧品も無添加にこだわる 肌への刺激を極力さける

化粧品

メイク用品も見直しをしてみる

すべて無添加にするために普段使っている化粧品も
見直しをしました。

ファンデーションは元からファ○ケルの物を使っていたので、
無添加化粧品として問題なしとしました。

マスカラは、メ○ベリンの物を使っていて、
無添加ではないのですが、ファンケルの物を使ったとき、
お店ではきれいにカールが持続していたのに、
次の日にやってみたら、全然ダメでした。

たぶん、お店に行くときにつけたメ○ベリンのマスカラが
落としきれずに残っていて、カールが持続したんだと思います。
恐るべし!メイ○リンと思いました。

ファンケルのマスカラを上手に使うコツがあるのかと、
しばらくいろいろ試してみましたが結局うまくいかず、
メイベリンに戻してしまいました。

手作りの方向も探ってみましたが、衛生上の問題もあり
マスカラは手作りは向いていないみたいです。
またメイ○リンなどのあのカール力はアセトンが絡んでいるようで、
手作りであの使用感を出すのは難しいようです。

無添加の物で、カールがきちんと持続するものがあれば
私も知りたいなと捜索中です。
見つかったら追記したいと思います。

アイシャドーやアイブロウも無添加を目指すが・・・

アイシャドーはそういえば100均の物を使っていて、
肌によくなさそうです。
目のあたりに湿疹のようなものができたときは
本気で考えましたが、化粧品売り場へ行くのが億劫で、
今でも100均の物を使っています。

本当はアイシャドーもファンデーションも手作りできるようで、
やってみたいなと思いつつ、なかなか実行できずにいます。

色を作る、という作業が難しそうで
なかなか思い腰が上がりません。。。

チークは今は使っていないのですが、これも手作りして
使っていきたいけど、まだ実行できていません。

アイブローペンシルは資○堂の物を使っていますので
無添加の物ではないのですが、これもいつか手作りしようと
思ってできていないものの一つです。

一時期顔も肌荒れした時期にファ○ケルの物を使っていましたが
なくなってしまったので、資○堂に逆戻りです。