個人輸入の詳細手順(サノフロールの場合)

個人輸入

サノフロールでのアロマの個人輸入の手順

まず下記よりサノフロールのサイトを開きます。

サノフロール

そして必要な精油を検索します。
アロマオイルの呼び方がサイトの中では
植物の学名で表示されている場合があり
検索をするのに一苦労でした。

手湿疹用のアロマとして必要だったものは
下記の名前で検索をしたらヒットするのでは
ないかと思います。
(間違っていたらすみません。。。)

ティートリー・・・・・・・・・Melaleuca alternifolia (7.20CHF)
真正ラベンダー・・・・・・・・Lavandula angustifolia (12.25CHF)
ジャーマンカモミール・・・・・Matricaria recutita (46.50CHF)
ローマンカモミール・・・・・・Chamaemelum nobile (38.30CHF)
ブラックスプルース・・・・・・Picea mariana (12.40CHF)
ヨーロッパアカマツ・・・・・・Pinus sylvestris (7.70CHF)

英語名の横の金額は参考までに
現在の価格を調べてみました。
購入する時期によって異なるので
あくまでも参考としてみてください。

ちなみに合計すると124.35CHFで
現在の為替レート(1CHF=83.8円)で
計算すると、10420円になります。(小数点以下切り捨てしています。)
これに送料がかかりますので、
実際にはもう少し高くなります。

必要なアロマオイルを検索して
ヒットしたものをカートに追加します。

最後にCheckoutのリンクをクリックすると、
ログイン画面が表示されてきますので、
ここで「Create Your Account」をクリックします。

英語の表記ではありますが、名前や住所などを入力します。
すべて入力できたらOpenYourAccountをクリックします。

カートに入っている商品の一覧が出てきますので
間違いがないかどうかを確認します。

もし間違ったものが入ってしまっていたら、
「Check content」をクリックしてカートの商品一覧を
表示します。

そして商品名の横の×ボタンをクリックすると
誤ってカートに入った商品を削除することができます。

Shipping methodの部分は配送に関することですので
、ご希望の物を選択してください。
Economy  ~10 days
Priority ~7 days
Express  ~3 days
※到着日数までが短いものほど送料が高くなります。

送料、カートに入っている商品すべてが確認できたら、
Please Your order!のボタンをクリックすると
注文完了です。

アロマオイル個人輸入~届くまで

文した商品が発送されたかどうかについては
サノフロールのHPの「My Account」→「My Orders」の順に
クリックすると確認することができます。

Status : Shipped.
となっていたら発送まで済んでいますので、
あとは到着を待つばかりです。

発送されてから到着までは
関税の通過などがありますので、
約2週間くらいかかったように思います。

ちなみに私の場合は輸入に当たって関税が
かかることはありませんでしたが、金額が大きい場合には
関税がかかることもあるようなので、ご注意ください。

アロマオイルの個人輸入に挑戦

個人輸入

アロマオイルの個人輸入

今まであまりアロマオイルを使っていなかったので、
手湿疹用のオイルを作るに当たり、すべてのオイルを
購入しました。

アロマオイルを売っているところで値段を確かめると
一本当たり数千円以上でした。

今回の本数で考えると・・・・。
下手したら数万円以上かかってしまうかもしれません。
そこでいろいろ調べているうちに個人輸入で
海外から買うと同じメーカーの物でも安く買うことが
できることがわかり挑戦してみることにしました。

海外での買い物にはクレジットカードが必須ですので、
カードがない方は作成する必要があります。
(私くらいでしょうか・・・・。)

カードを作る際には、どこで作るかによって
特典が大きく違うのでいろいろ試してみると
いいのではないかと思います。

アロマオイルのメーカー選び

私が選んだメーカーはサノフロールで、
下記のからアクセスすることができます。
サノフロール
なぜサノフロールを選択したかというと、
・個人輸入が直接できるのがここだけだった。
(本を参考に3メーカーから選択をすると)
・価格が比較的安価だった。
ただ、為替レートによっても日本円での支払いは
変わりますし、商品も日によって値段が上下することも
あるみたいです。

代行業者さんを通して個人輸入をするところも
ありましたが、手数料を結構取られるので
安く買えるかどうかは結構微妙でした。

全部英語だったので、英語が苦手な私は
結構苦労しましたが、わからない部分については
翻訳サイトなどで訳して調べながら購入しました。

でも、そんなに難しい項目はなかったように
思います。

詳しい手順などについては、個人輸入の詳細手順(サノフロールの場合)にて
まとめてみましたので、参考にしてみてください。

アロマオイルやキャリアオイルの材料を用意するときの注意

アロマオイル

手湿疹用のアロマオイルのメーカーについて

手湿疹用のアロマオイルを作るにあたって
必要な材料についてまとめてみたいと思います。

まず必要なものはアロマオイルになりますが、
どこのメーカーの物でもいいとされているのではなく、
チェックポイントがいくつかあり、その基準にしたがって
アロマオイルを選択する必要があります。

「アロマセラピーで痛みとかゆみは治せる」
川端一永 著より引用します。

精油の正しい選び方は、含有成分・成分解析のデータが
1.ロットごとにきちんと公開されているメーカーを選択すること。
2.原料ハーブの原産国・植物の学名・抽出部位が明記されていること。
3.100%天然であること。
4.原料が有機栽培農法のハーブであること。
引用ここまで。

また、おすすめのメーカーとしては、サノフロール社、
プロナロム社、セラピューティックグレード社、などと
記載がありました。

上記メーカーを含め、日本アロマテラピー学会で
推奨されているアロマオイルが安心だと思います。

アロマオイルのキャリアオイルについて

アロマオイルを希釈するときに使うオイルを
キャリアオイルと言います。

これについては本の中で、ホホバオイルかワセリンと
記載がありました。

上の写真の物は私が使っているホホバオイルです。
あまりきれいに写真にとれませんでした(涙)

ワセリンであれば薬局などで比較的安価で購入することが
できますね。

ホホバオイルについては、できれば化粧品グレードの物が
いいのではないかと思います。

食用のものより、化粧品グレードのものの方が
値段が高いのですが、オイルが精製されているので、
刺激となるものが少ないこと、精製されている分肌への
吸収がいいことがあるようです。

化粧品グレードのオイルを入手するには
普通のスーパーなどで買うことはできませんので、
ネットなどで、手作りコスメのお店を
探してみてください。

ホホバオイルは割とよくおいてあるのではないかと
思います。

たまに食用のものを化粧品グレードとして売っているお店も
あるとの情報も見かけたことがありますので、
レビューなどを確認して購入してみたらいいと
思います。

ちなみにホホバオイルとワセリンの選択についてですが、
炎症がある場合にはホホバオイルの方がいいと
本に載っていましたので、私はホホバオイルで作って
手湿疹の部分に塗っていました。

アロマオイルを利用した手湿疹対策

アロマオイル

アロマオイルで手湿疹対策

私はアロマオイルを使って手湿疹対策をして
手湿疹を完治することができました。

ただ、人によってあう、合わないがありますので
実施の際は自己責任でお願いします。

私がこの方法を使うにあたり
参考にした書籍は、
「アロマテラピーで痛みとかゆみは治せる」川端一永 著 です。

こちらに載っていたレシピ通りにやったら
2~3か月で嘘のように手湿疹が治りました。

今でも合成洗剤は使っていませんが、
使うとブツブツしてしまった台所洗剤や
洗濯洗剤は素手で使っても何も反応しなくなりました。
(体のためにも肌のためにも、たぶん合成洗剤は
ずっと敬遠していくことと思います。)

生活をするのにあたって困るようなことが
出てこなくなりました。

アロマテラピーの手湿疹対策のレシピ

「アロマテラピーで痛みとかゆみは治せる」川端一永 著の
内容を引用します。

★材料
ホホバオイル(またはワセリン)50ml
ティートリー20滴
真正ラベンダー12~20滴
ジャーマンカモミール2~4滴
ローマンカモミール2~4滴

用量に幅あるものは、最初は少ない分量で作って
使ってみて、足りないようであれば足していくと
いいと思います。

また、かゆみが強いときには下記のアロマを
足すといいとされています。

ブラックスプルース2滴
ヨーロッパアカマツ2滴
最大10滴まで

本によると、ブラックスプルースとヨーロッパアカマツは
ステロイドと同様の抗炎症作用が期待できるとのこと。

脱ステロイドの時に活躍してくれるそうです。
実際に手湿疹の部分につけるまえに、
パッチテストを必ず行ってください。
アロマオイルや、使っているオイルに
アレルギーが出てしまうこともあるようです。

パッチテストの正しい方法はこちら。

脱ステロイドと手湿疹になってからの気づき

洗剤

脱ステロイド体験記

今ではステロイドを一切使わなくても大丈夫な肌を
取り戻すことができました。

以前はかゆくて手袋なしで食器を洗うことができなかった
無添加の台所洗剤も今では素手で食器洗いをしても
かゆくなることも、ブツブツができることもなくなりました。

洗濯物を手洗いするときに皮膚がこすれて手が穴だらけに
なっていたところも今では手袋なしでOKになりました。

手湿疹であったことの原因のすべてがステロイドだったわけでは
ありませんが、皮膚が薄くなることにより反応する物質が
増えたことは事実なような気がします。

手湿疹になって合成洗剤の使用をやめる

手荒れをしなくなった今でも合成洗剤は使っていません。
手湿疹になったことで合成洗剤は便利だけど怖いということが
分かったからです。

もちろん市販のシャンプーもヘアワックスもやめました。

別の記事でも書いていきたいと思っていますが、
合成洗剤は肌(というか人体)に悪影響なものが
たくさん入っています。

食品を選ぶときには加工品だとどんなものが入っているとか、
一応チェックしていましたが、洗剤については何も見ていず、
表のアピールの部分だけをうのみにして選んでいたように
思います。

いくら肌にとっていいものが入っていたとしても
悪いものも入っていたら、それは肌にとって
いいものだとは言えないということです。

経皮毒っていう言葉があるように皮膚からでも
毒素は吸収されます。

これからも肌のこと、体のことを考えて
使う洗剤を選んでいきたいと思っています。

長期間使ったステロイドをやめる決意

薬

ステロイドを使い続けた手の様子

ステロイドを長期間使うと、
塗っていた部分の皮膚が薄くなるといいますが、
あれって本当ですね。

洗濯物を手洗いするときに、
手袋をしていないと、靴下などの繊維と
肌がこすれて肌に穴が開いてしまいます。
以外と洗濯をするときに肌はこすれているものです。
洗濯が終わった後になんかしみるな~と思ったら、
手が穴だらけになっていました。

もちろん、そんなに力任せにこすっているワケではなく
普段通りにこすっているだけで、です。

それから手洗いの洗濯をするときには
手袋必須となりました。

また、皮膚が薄くなると
いろんなものに反応してしまうようで、
今まで使っていた無添加の台所洗剤でもかゆくなり、
普段使っているシャンプーでもかゆくなり、
とにかくいいことなしでした。

脱ステロイドを決意する

ステロイドを使い続けてもよくならないことが
分かったので、ステロイドをやめようと
思い立ちました。

ただ、2年も使い続けていたので
やめてすぐは本当に大変なことになりました。

ステロイドを塗っていた部分はジクジクとした
湿疹が楕円状にいくつも広がり、
手は真っ赤になり、まさに皮膚科に駆け込んだ時と
同じ状態になりました。

ステロイドをやめるって大変だと
聞いてはいましたがこんなにも大変なことなんだと
驚きました。

私の場合、徐々に減らすのではなく、
ある時を境に一気にやめたので、リバウンドが
激しかったです。
まぁ、2年も使い続けていたので当然ですが・・・。

あまりのジクジクに耐えられず、
でも皮膚科へ行けばまたステロイドを
処方されることから数日間は本当に悩みました。

ステロイドを処方しないで治療してくれる皮膚科とか、
体質改善をして手湿疹を治療してくれる漢方薬局とか
いろんな物を探してみて、結局漢方薬局を選択しました。

本当はステロイドを処方しないで治療してくれる皮膚科が
いいなと思っていたのですが、近所になかったので、
あきらめました。

今回通い続けた皮膚科の前にもいくつかの皮膚科へ
行っていたので、またステロイドを処方されるのがオチだと
予想できていたので、ふつうの皮膚科へ行くという選択肢は
ありませんでした。

漢方薬局で処方してもらうと最初のジクジクは
すぐによくなりました。

手湿疹を治すために皮膚科に通院しステロイドを使う

薬

ステロイドを使った手湿疹の治療

口唇炎が発覚してから、皮膚科に通い、
約2年もの間ステロイドを使い続けていましたが、
やはりステロイドでは手湿疹は治りませんでした。

症状が出るとステロイドをつけ、
ひどくなると少し強いステロイドを塗って
症状を無理やり抑えていました。

ステロイドは短期的につかうもので、
長期間使うものではないはずですが、
皮膚科ではいえば新しいものを処方してくれ、
長い期間使ってはいけないということは
一切言われませんでした。

皮膚科でのステロイド治療に疑いを持つ

皮膚科で漢方の処方を受けていたので、
ステロイドと併用して必ず治ると信じていましたが、
さすがに2年たっても以前と変わらない様子に
焦りを感じてきました。

そして、ネットなどで調べてみると、
使っているステロイドには強さによって
階級?みたいなものがあること、
始めは弱いものを使っていてもだんだん強いものを
使う傾向にあることを知りました。

その時まさに弱いステロイドがだんだんと効き目が
弱くなってきて、強いステロイドを使う回数が増えて
来ているころでした。

2年たってよくなるどころか悪化しているのでは
ないかという不安からステロイドを使わない治療を
探してみようと思い立ちました。

漢方薬での体質改善をあきらめた理由

漢方薬

保険適用外の漢方はとっても高い!

保険適用外の漢方薬を処方してもらうのに
私の場合、一回当たり8000~10000円くらいでした。

そして、一回当たりの処方日数は2~3週間分くらい。

ですので、多いときには月に2回も処方してもらわないと
いけない計算になります。

そして、そこまでの交通費やら、
帰ってから食事の支度をするのが面倒なので
そのたびに外食などをしていたら、一回当たり1万円以上
かかってしまっていました。

休みの日にのんびりと行く手もありましたが、
そのために一日がつぶれるのはもっといやだったので
仕事帰りに処方してもらっていました。

月に2万、毎月となるとさすがにきついなと
感じることもありましたし、それだけの値段に応じた効果を
感じることができなかったのが大きな要因でした。

漢方を煮出すのは時間と手間がかかる

漢方薬の煮出し方のページにも記載していますが、
煮出すのは時間と手間がかかります。

その間、他のことをすることもできましたが、
食事の支度をしているときにはコンロがふさがっていて
できなかったため、食事が終わった後に煮出すことにしていました。

そして、かかる時間が30分。
帰ってきてやることを終わらせてゆっくりとしたいのに
なかなかやることが片付かず、自分のやりたいことの時間を
削るしかなくなる日もありました。

そして、調合してもらうときに混雑している時間に当たると、
なかなか終わらず、症状を見てもらうまでに一時間待って
調合でもまた待って、ということもありました。
すいていればそんなに待つこともなかったのですが、
大体他の方がいることの方が多かったです。

結局漢方薬局への足が遠のいた

結局漢方薬局へ行くのをやめてしまいました。
保険適用外の漢方薬局でも治らないような気がしてきて、
毎月高いお金を払い続けて、手間をかけるのが
いやになってきてしまいました。

そして完全自己流の対処を始めることとなりました。
結果としてこれが手湿疹を完治させる方法となりました。

後日方法をUPしたいと思います。

漢方薬の正しい煮出し方・飲み方

鍋

漢方薬の煮出し方

漢方を煮出すとお鍋に色やにおいがつくので、
専用の物を用意したことがいいということ、
お鍋はアルミなどの金属の物だと漢方の成分を煮出しているうちに
金属と反応して吸収できないものになってしまうので、
ガラスやホーローの物を用意する必要があります。

数回使うと早くも漢方薬の色やにおいが付き、
洗っても落ちなくなってしまうので、安いものを
取り替えながら使うのがいいかもしれません。

漢方薬の種類にもよるのでしょうが、
小さなお鍋に半分くらいの水を入れて(500CCくらいかな)
水から煮出します。

お湯が沸くまでの間はちょっと強めの火加減で
あとは少し弱めにして水が半分くらいに煮詰まるまで
煮出します。

火加減や季節にもよりますが、この間大体30~40分くらいでした。

何かをしていると火を消すのを忘れてしまうので、
タイマーを買ってきて、火をつけたらタイマーをセットし
煮出していました。

たまに火加減が強すぎたのか、タイマーがなるころには
ほとんど汁がなくなっていたこともありました。
こんな時にはタイマーの時間の見直しをして
少し短めにセットをして時間を調節します。

漢方薬を煮出しているときにはすごいにおいがする場合が
ありますので、換気扇をきちんとまわしましょう。

漢方薬の飲み方

漢方薬は吸収を高めるために
食前30分前までに飲まなくてはいけません。

私の場合は仕事があるので朝・晩の2回でしたが、
本当は朝・昼・晩で飲むようです。

さすがに朝から漢方薬を煮出しておく時間はないので
前の日の晩に煮出して冷蔵庫に入れておいたものを
レンジで温めて飲んでいました。

冷たいままだと吸収が下がるそうで、
必ず温めてから飲まないといけないようです。

朝起きてから一杯目が漢方薬だったので、
これは本当にきつかったです。

種類にもよるのでしょうが苦いものが多いので、
食欲がなくなるような気分でした。

また、漢方薬で多少おなかがふくれるので
食べ過ぎ防止にはなったかもしれません。
それにすごくまずいので、しばらくは
何かを食べたいという気にもなりませんでした。

漢方薬を飲んで目指したこと

手

漢方薬で最初のジクジク型湿疹は驚くほど早く回復

いきなりステロイドをやめたリバウンドで
ひどく荒れていた手ですが、最初にもらった漢方薬が
すごく効いたようで、すぐにジクジクの状態がおさまり、
カサカサとしたかさぶた状に変化してきました。

漢方薬ってゆっくりとしか効かないイメージがありましたが
思わぬ即効性に正直驚きました。

この時に処方してもらった漢方薬の名前は
忘れてしまいましたが、ジクジクとした湿疹と
じんましんのような湿疹とでは通常は処方される漢方薬が
異なるとのことでした。
今まで2年間飲んできた、皮膚科で処方されていたものは、
じんましんなどの場合にのむ漢方薬で、手湿疹に処方する
漢方薬ではない、と言われました。

今までの2年間はなんだったんだろう?
と後悔すらしました。
まさかずっと飲んでいた漢方薬の処方が
間違っているなんて思ってもみなかったので・・・・・。

いきなりステロイドをやめたリバウンドで
ひどく荒れていた手ですが、最初にもらった漢方薬が
すごく効いたようで、すぐにジクジクの状態がおさまり、
カサカサとしたかさぶた状に変化してきました。

漢方薬で体質改善

今度は体の状態を湿疹ができにくい形に
体質改善してくということで漢方薬が変更になり、
そこからの治療はあまり効果が感じられませんでした。

私の場合、血液の状態がきれいではなく、
いわゆる「おけつ」の状態になっていたので、
まずはそれを改善する必要があるとのことでした。

長いこと飲んでいたのは温清湯だったかと思います。
最初にもらったものは忘れてしまいましたが
別の名前だったように思います。

漢方薬は飲んでみて、どのように変わったのかを
見極めながら処方をしていくので、2~3週間ごとに
漢方薬局に通って、処方をしてもらっていました。

だから、毎回ちょっとずつ漢方薬が違ってきていて、
今回はこれを増やした、減らしたなどで毎回微妙に金額が
変わってきていましたが、症状があまりよくならなかったため、
なかなか薬代は減らなかったです。