手湿疹を治すために皮膚科めぐり

病院

とにかく湿疹を治したくて皮膚科めぐり

手湿疹が日常的になるまでの経緯の続きのページです。

明らかに薬を飲んでから湿疹が出ているのに
触るから湿疹ができるといわれたので、
他のお医者さんにも聞いてみたくなり、
他の皮膚科へ行ってみました。

最初にひどい失敗をしているので
今度は評判のいいところへ。

言われたことは全くいっしょで
湿疹に触るから悪化するので、触らないように。
そして湿疹を治すにはステロイドしないから
毎日しっかりとつけるように、と言われました。

とても高圧的な感じで、ステロイドをつけたくなかったし、
アレルギーが出たといった同じ薬を処方してきたので
薬類は一切使わず、他の皮膚科へ行ってみることにしました。

アレルギー体質を漢方で改善をしたい

次に行くことにした皮膚科は漢方薬の取り扱いのあるところを
探しました。

2つの皮膚科でどちらもアレルギーによるものだと
いうことが判明していましたので、薬やステロイドを
ずっと使い続けなくてはいけなくなるだろうと
考えたからです。

アレルギーであってもその体質を改善したら
症状を軽くしたり、でなくしたりできるのではないかと
思いました。

抗アレルギー剤でアレルギーが出たこと、
ステロイドはできるだけ使いたくないということを最初に話し、
漢方薬で体質を改善して症状を出なくしたいと
伝えたところ、しっかりと話を聞いてくれたので、
ここに通うことにしました。

やっぱりお医者さんであってもきちんと話を聞いて
決めつけないでくれるお医者さんが信頼できますね。

手湿疹にはステロイドが必須?

まず抗アレルギー剤で出たアレルギーを沈めないと
いけないとのことで、新たな抗アレルギー剤を
処方されました。

たしか、アレグラとかいう、花粉症でもよくつかわれる薬でした。
抗アレルギー剤にはアレルギーが出たので、心配だと伝えましたが
種類の違うものだから、大丈夫だろうということでした。

しかしこのアレグラにもアレルギーが出て、
途中で服用を中止しました。

そして漢方薬を飲み始め、湿疹のひどい部分については
ステロイドで症状を抑えつつ、体質改善に挑みました。

処方されていた漢方薬は十味排毒湯だったと思います。
これを飲み続けて約2年ここに通っていました。