生理前の肌荒れ? 湿疹が急増

トイレ

生理の前は手湿疹が悪化しやすい傾向があります。

特に生理前の一週間くらいが一番ひどく、
生理が来てしまうと湿疹もだんだん出にくくなっていく
繰り返しでした。

生理がまだまだ来ない時期、
つまり生理が終わって間近~排卵日までは
エストロゲン(卵胞ホルモン)が多く分泌されているので、
体調も良く、肌の調子もいい時期です。

しかし、排卵日以降は
プロゲステロン(黄体ホルモン)が多く分泌されるようになり、
PMS(月経前緊張症候群)のような症状が出たりする方も
いらっしゃいます。

エストロゲンの多く分泌されていた時期には
肌の調子が良かったのに対し、プロエストロゲンの
多く分泌される時期にはニキビができやすかったり
肌が敏感になったりすることもあります。

また、プロエストロゲンの多く分泌される時は
体温の高い時期に当たり、体に熱がこもることから
手湿疹が悪化するのかもしれません。

生理前になると甘いものがほしくなることが
ありますが、気分に任せて食べていると血液が
ドロドロとして汚れた状態の「おけつ」の状態に
なってしまう恐れがあり、さらに悪化する危険が
あるため、甘いものもほどほどに。

誰でも簡単「おけつ」のチェック

「おけつ」なのかどうかを簡単にチェックする方法は
鏡を用意し、舌を鼻の方へ伸ばすと裏側が見えると
思います。

舌には太い静脈が走っているのですが、
ここに太い紫の静脈があるようでしたら
「おけつ」の状態になっているかもしれません。