手湿疹の原因の肌の乾燥を防ぐ洗剤の選び方

洗剤

手湿疹になる原因の一つとして、肌の乾燥が上げられます。
通常、肌にはバリア機能があって乾燥や刺激から守ってくれています。

肌をきちんと保湿できていれば、手に必要な水分を保持してくれるので良いのですが、主婦の方は洗剤をたくさん使いますよね。

食器を洗う時には、食器洗い洗剤を使います。
洗濯をする時には洗濯洗剤を、掃除をする時には掃除用の洗剤を使います。

様々な場面で家事と洗剤は切っても切れない関係になってしまっています。

洗剤は汚れを落とすための物ですが、
汚れを落とすと同時に肌のうるおいに必要な
皮脂までもを流してしまう物なのです。

洗剤には、強い洗浄成分が含まれていて、一度ですっきりと汚れを落とすタイプのものもあります。

家事の時短をして行く上では、このような洗剤は使い勝手が良いので助かりますよね。

でも、手湿疹のことを考えたら、あんまりおすすめできません。

なぜなら、一度ですっきり汚れを落とせるタイプの洗剤は手の皮脂も同時に洗い流してしまう物だからです。
油汚れがひどいお皿の汚れをササッと洗い流す実力がある洗剤は手のうるおいに大事な皮脂も一緒に流してしまうんです。

洗剤を使って、手の皮脂が奪われてしまっても、時間が経てばまた皮脂が分泌されます。
だけど、食器荒いをして、洗濯をして、掃除をして・・・と洗剤を多く使えば、手がうるおいを取り戻す事ができないのは明らかですよね。

私が手湿疹で悩んでいた頃は、ササッと油汚れが落ちる台所洗剤を使っていました。
汚れがすっきり落ちるのは良いのですが、洗剤を使ってしばらくたつと手の乾燥がひどかったです。

ハンドクリームで保湿をすれば良いのでしょうが、「次の家事が終わってから・・・・」なんて事をしていたので、手はどんどん乾燥して行きました。

特に空気が乾燥している冬は最悪です。
普通にしていても肌が乾燥するのに、洗剤で手のうるおいを洗い流してしまっています。

そして、寒くて水が冷たいのでお湯を使います。その方が汚れ落ちも良いですし。
ただ、お湯を使う事で水を使う時よりも更に手の皮脂が奪われてしまいます。