シャンプー・ワックスも無添加の物を使う

シャンプー

シャンプーももちろん無添加に

切り替えるときに一番悩んだのはシャンプーでした。
シャンプーを石けんですることにすごく抵抗がありましたし、
次の日に髪がごわごわしたらいやだなと思ったからです。

特に子ども用のシャンプーで石けんシャンプーをして
髪がごわごわになるのを体験済みだったので、
なかなか切り替える勇気が出なかったのです。

近所の薬局の無添加コーナーには、
モルトベーネの「ピュアナチュラル」というシリーズが
売られていて、子ども用のシャンプーとして使っていたので、
まずはこれに切り替えをしてみました。

洗いあがりはさほど問題は起こらず、
無添加のシャンプーなのに、意外にしっとりしていました。

しばらくはこのシャンプーを使って
無添加シャンプーとしていました。

このシャンプーを選択したとき、ネットで無添加シャンプーの
レビューを見ていましたが、パックスのシャンプーも
結構評判が良かったです。

ヘアケア用品・基礎化粧品も無添加に

洗剤をすべて無添加にして、満足した気になっていましたが、
肌につける物も、すべて無添加にしなければダメだと
思い立ち、ヘアワックスや、化粧品もすべて変更しました。

化粧品は、もともとが無添加指向だったので、
少しパラベンが入っているくらいで
あとは合成の成分の入っていないものを使っていましたので、
これを引き続き使うことにしていました。

リップクリームは、最初に口唇炎ができたときから、
今使っているものはやめた方がいいと言われていましたので、
ずっと病院でもらっていたプロペトを使っていました。

使っているものを見直すときにリップクリームについても
無添加の物で、何かいいものはないかと探していたとき、
自分で作れることを知り一回作ってみると、すごく簡単にでき、
使い心地もよかったので、それからはリップクリームは
子どもの分も含め、自分で手作りしています。

オイルの配合などで使い心地は変化するのでしょうが
それについては今研究中です。