長期間使ったステロイドをやめる決意

薬

ステロイドを使い続けた手の様子

ステロイドを長期間使うと、
塗っていた部分の皮膚が薄くなるといいますが、
あれって本当ですね。

洗濯物を手洗いするときに、
手袋をしていないと、靴下などの繊維と
肌がこすれて肌に穴が開いてしまいます。
以外と洗濯をするときに肌はこすれているものです。
洗濯が終わった後になんかしみるな~と思ったら、
手が穴だらけになっていました。

もちろん、そんなに力任せにこすっているワケではなく
普段通りにこすっているだけで、です。

それから手洗いの洗濯をするときには
手袋必須となりました。

また、皮膚が薄くなると
いろんなものに反応してしまうようで、
今まで使っていた無添加の台所洗剤でもかゆくなり、
普段使っているシャンプーでもかゆくなり、
とにかくいいことなしでした。

脱ステロイドを決意する

ステロイドを使い続けてもよくならないことが
分かったので、ステロイドをやめようと
思い立ちました。

ただ、2年も使い続けていたので
やめてすぐは本当に大変なことになりました。

ステロイドを塗っていた部分はジクジクとした
湿疹が楕円状にいくつも広がり、
手は真っ赤になり、まさに皮膚科に駆け込んだ時と
同じ状態になりました。

ステロイドをやめるって大変だと
聞いてはいましたがこんなにも大変なことなんだと
驚きました。

私の場合、徐々に減らすのではなく、
ある時を境に一気にやめたので、リバウンドが
激しかったです。
まぁ、2年も使い続けていたので当然ですが・・・。

あまりのジクジクに耐えられず、
でも皮膚科へ行けばまたステロイドを
処方されることから数日間は本当に悩みました。

ステロイドを処方しないで治療してくれる皮膚科とか、
体質改善をして手湿疹を治療してくれる漢方薬局とか
いろんな物を探してみて、結局漢方薬局を選択しました。

本当はステロイドを処方しないで治療してくれる皮膚科が
いいなと思っていたのですが、近所になかったので、
あきらめました。

今回通い続けた皮膚科の前にもいくつかの皮膚科へ
行っていたので、またステロイドを処方されるのがオチだと
予想できていたので、ふつうの皮膚科へ行くという選択肢は
ありませんでした。

漢方薬局で処方してもらうと最初のジクジクは
すぐによくなりました。