手湿疹を治すために皮膚科に通院しステロイドを使う

薬

ステロイドを使った手湿疹の治療

口唇炎が発覚してから、皮膚科に通い、
約2年もの間ステロイドを使い続けていましたが、
やはりステロイドでは手湿疹は治りませんでした。

症状が出るとステロイドをつけ、
ひどくなると少し強いステロイドを塗って
症状を無理やり抑えていました。

ステロイドは短期的につかうもので、
長期間使うものではないはずですが、
皮膚科ではいえば新しいものを処方してくれ、
長い期間使ってはいけないということは
一切言われませんでした。

皮膚科でのステロイド治療に疑いを持つ

皮膚科で漢方の処方を受けていたので、
ステロイドと併用して必ず治ると信じていましたが、
さすがに2年たっても以前と変わらない様子に
焦りを感じてきました。

そして、ネットなどで調べてみると、
使っているステロイドには強さによって
階級?みたいなものがあること、
始めは弱いものを使っていてもだんだん強いものを
使う傾向にあることを知りました。

その時まさに弱いステロイドがだんだんと効き目が
弱くなってきて、強いステロイドを使う回数が増えて
来ているころでした。

2年たってよくなるどころか悪化しているのでは
ないかという不安からステロイドを使わない治療を
探してみようと思い立ちました。