漢方薬での体質改善をあきらめた理由

漢方薬

保険適用外の漢方はとっても高い!

保険適用外の漢方薬を処方してもらうのに
私の場合、一回当たり8000~10000円くらいでした。

そして、一回当たりの処方日数は2~3週間分くらい。

ですので、多いときには月に2回も処方してもらわないと
いけない計算になります。

そして、そこまでの交通費やら、
帰ってから食事の支度をするのが面倒なので
そのたびに外食などをしていたら、一回当たり1万円以上
かかってしまっていました。

休みの日にのんびりと行く手もありましたが、
そのために一日がつぶれるのはもっといやだったので
仕事帰りに処方してもらっていました。

月に2万、毎月となるとさすがにきついなと
感じることもありましたし、それだけの値段に応じた効果を
感じることができなかったのが大きな要因でした。

漢方を煮出すのは時間と手間がかかる

漢方薬の煮出し方のページにも記載していますが、
煮出すのは時間と手間がかかります。

その間、他のことをすることもできましたが、
食事の支度をしているときにはコンロがふさがっていて
できなかったため、食事が終わった後に煮出すことにしていました。

そして、かかる時間が30分。
帰ってきてやることを終わらせてゆっくりとしたいのに
なかなかやることが片付かず、自分のやりたいことの時間を
削るしかなくなる日もありました。

そして、調合してもらうときに混雑している時間に当たると、
なかなか終わらず、症状を見てもらうまでに一時間待って
調合でもまた待って、ということもありました。
すいていればそんなに待つこともなかったのですが、
大体他の方がいることの方が多かったです。

結局漢方薬局への足が遠のいた

結局漢方薬局へ行くのをやめてしまいました。
保険適用外の漢方薬局でも治らないような気がしてきて、
毎月高いお金を払い続けて、手間をかけるのが
いやになってきてしまいました。

そして完全自己流の対処を始めることとなりました。
結果としてこれが手湿疹を完治させる方法となりました。

後日方法をUPしたいと思います。