手荒れの原因

肌の大敵・塩素をお風呂でも対策

enso

お風呂の塩素も肌の大敵

お風呂のお湯は塩素除去されていますか?
使う水の量が大量なので、いちいち浄水しても
いられないため、わかっていてもついついそのまま
入ってしまったりしていませんか。

お風呂なので、体全体がつかりますので、
やはり塩素が心配です。

お風呂に貼ったお湯の塩素を無害化して
シャワーの変わりに湯船のお湯を使うと
いいのではないかと思います。

そこで簡単にできる手作りバスフィズや
それすら面倒な場合の対処について
書きたいと思います。

緑茶でお風呂の塩素対策

何かの本で読んだので、出展が記載できないのですが、
緑茶を入れたときの茶殻を取っておいて、
ガーゼなどにくるんで湯船に浮かべるだけで
かき混ぜるだけで緑茶に含まれるカテキンが
塩素の害がないお湯に変えてくれるそうです。

緑茶を入れた後の茶殻には、
実はまだまだ有効成分が残っているようで、
お風呂のために新しいお茶っぱを用意しなくても
十分なんだそうです。

緑茶を飲んだ後の出がらしを取っておくだけなので、
お金もかからないのもうれしいですね。

野菜の切れ端を有効活用

料理をしたときに野菜の皮をむいたら、
それをお風呂に入るときに入れることで
塩素の害をなくす方法もあります。

野菜にはビタミンが含まれていますので
そのビタミンが一役買ってくれます。

野菜の中身はおいしくいただき、
皮は湯船で塩素を無害化して、
最後の最後まで野菜を有効活用することが
できます。

すべての洗剤を無添加の物に変更する

洗剤

すべての合成洗剤を排除

合成洗剤は、汚れがすごくよく落ちるけれど、
肌に必要な保湿成分まで奪ってしまうことは
手湿疹の原因は普段使っている洗剤かもで
記載しました。

このような理由から、より低刺激で
より肌にやさしい天然由来の物にすべて変えました。

台所・洗濯洗剤はすでに無添加の物を使っていましたので、
新たに変更したものは、シャンプーなどボディケアの
商品でした。

ボディシャンプーは、固形石鹸に変更し、
無添加せっけんを使いました。

洗い心地はあまりいいものではなく、
無添加の物は肌にはいいけれど・・・と
思ってあきらめていました。

手以外の部分についてはひどい乾燥肌ではなかったので、
洗い心地だけ目をつぶれば、肌トラブルは起きませんでした。

ホームセンターで使用感がいい無添加石けんに出会う

どこかのホームセンターで買ってきた、
元ちゃん石鹸がすごく洗いあがりがよかったです。

すごく洗いあがりがしと落ちしていて、
気に入っていたのですが、溶け崩れが激しく
すぐになくなってしまいました。

次に同じホームセンターに行ったときには
すでに売り切れていたようで、購入することは
できませんでした。
でも、無添加せっけんは使い心地が悪いと
あきらめていたものを、探せばいいものがあると
思い直すきっかけになった石けんでした。

ネットで探すと、手作り石鹸でもすごく贅沢な物があり、
購入して使てみたいなと思うものの、
値段がすごく高いのでビックリしました。

無添加の石けん一つで、そこらへんで売っている
無添加石けんがいくつも買えてしまう金額でした。

そこでいろいろ調べていくうちに石けんを手作りできると
いうことを知り、自分で作ってみようと思い立つのでした。

手湿疹の原因の肌の乾燥を防ぐ洗剤の選び方

洗剤

手湿疹になる原因の一つとして、肌の乾燥が上げられます。
通常、肌にはバリア機能があって乾燥や刺激から守ってくれています。

肌をきちんと保湿できていれば、手に必要な水分を保持してくれるので良いのですが、主婦の方は洗剤をたくさん使いますよね。

食器を洗う時には、食器洗い洗剤を使います。
洗濯をする時には洗濯洗剤を、掃除をする時には掃除用の洗剤を使います。

様々な場面で家事と洗剤は切っても切れない関係になってしまっています。

洗剤は汚れを落とすための物ですが、
汚れを落とすと同時に肌のうるおいに必要な
皮脂までもを流してしまう物なのです。

洗剤には、強い洗浄成分が含まれていて、一度ですっきりと汚れを落とすタイプのものもあります。

家事の時短をして行く上では、このような洗剤は使い勝手が良いので助かりますよね。

でも、手湿疹のことを考えたら、あんまりおすすめできません。

なぜなら、一度ですっきり汚れを落とせるタイプの洗剤は手の皮脂も同時に洗い流してしまう物だからです。
油汚れがひどいお皿の汚れをササッと洗い流す実力がある洗剤は手のうるおいに大事な皮脂も一緒に流してしまうんです。

洗剤を使って、手の皮脂が奪われてしまっても、時間が経てばまた皮脂が分泌されます。
だけど、食器荒いをして、洗濯をして、掃除をして・・・と洗剤を多く使えば、手がうるおいを取り戻す事ができないのは明らかですよね。

私が手湿疹で悩んでいた頃は、ササッと油汚れが落ちる台所洗剤を使っていました。
汚れがすっきり落ちるのは良いのですが、洗剤を使ってしばらくたつと手の乾燥がひどかったです。

ハンドクリームで保湿をすれば良いのでしょうが、「次の家事が終わってから・・・・」なんて事をしていたので、手はどんどん乾燥して行きました。

特に空気が乾燥している冬は最悪です。
普通にしていても肌が乾燥するのに、洗剤で手のうるおいを洗い流してしまっています。

そして、寒くて水が冷たいのでお湯を使います。その方が汚れ落ちも良いですし。
ただ、お湯を使う事で水を使う時よりも更に手の皮脂が奪われてしまいます。