化粧品

シャンプー・ワックスも無添加の物を使う

シャンプー

シャンプーももちろん無添加に

切り替えるときに一番悩んだのはシャンプーでした。
シャンプーを石けんですることにすごく抵抗がありましたし、
次の日に髪がごわごわしたらいやだなと思ったからです。

特に子ども用のシャンプーで石けんシャンプーをして
髪がごわごわになるのを体験済みだったので、
なかなか切り替える勇気が出なかったのです。

近所の薬局の無添加コーナーには、
モルトベーネの「ピュアナチュラル」というシリーズが
売られていて、子ども用のシャンプーとして使っていたので、
まずはこれに切り替えをしてみました。

洗いあがりはさほど問題は起こらず、
無添加のシャンプーなのに、意外にしっとりしていました。

しばらくはこのシャンプーを使って
無添加シャンプーとしていました。

このシャンプーを選択したとき、ネットで無添加シャンプーの
レビューを見ていましたが、パックスのシャンプーも
結構評判が良かったです。

ヘアケア用品・基礎化粧品も無添加に

洗剤をすべて無添加にして、満足した気になっていましたが、
肌につける物も、すべて無添加にしなければダメだと
思い立ち、ヘアワックスや、化粧品もすべて変更しました。

化粧品は、もともとが無添加指向だったので、
少しパラベンが入っているくらいで
あとは合成の成分の入っていないものを使っていましたので、
これを引き続き使うことにしていました。

リップクリームは、最初に口唇炎ができたときから、
今使っているものはやめた方がいいと言われていましたので、
ずっと病院でもらっていたプロペトを使っていました。

使っているものを見直すときにリップクリームについても
無添加の物で、何かいいものはないかと探していたとき、
自分で作れることを知り一回作ってみると、すごく簡単にでき、
使い心地もよかったので、それからはリップクリームは
子どもの分も含め、自分で手作りしています。

オイルの配合などで使い心地は変化するのでしょうが
それについては今研究中です。

メイク落としにも含まれる界面活性剤や刺激物

メイク落とし

メイク落としにも含まれる合成界面活性剤

今までは、カ○ボウとかのメイク落としを使っていました。
でも、成分表を見てみるとわかりますがずいぶん肌への
刺激となりそうなものが入っています。

そして、ここにも合成界面活性剤が含まれています。

大体の場合、メイクは油分を多く含んでいるため、
油を浮かせて汚れを落とし、水で洗い流しますが、
油と水は通常であれば混ざらないため
乳化させることが必要となってきます。

ここで必要になってくるのが合成界面活性剤です。

油っぽいメイク落としを使っても、つるっと
水で流せるのは、界面活性剤のおかげだったのです。

メイクを落とすときには、顔全体になじませるのは
もちろんのこと、手の平、指、いろんなところに
メイク落としが付きますね。

一時期目の近くにも湿疹ができてしまっていたので、
自然成分のメイク落としに変更することにしました。

メイク落としはオリーブオイルで代用

マスカラとかは落ちにくいときもありますが、
メイク落としはオリーブオイルとか、食用の物でも
十分代用可能です。

本当は食用の物ではなく、コスメグレードの物を
使った方がいいのかもしれませんが、コスメグレードの物は
値段がすごく高いため、食用の物で代用しています。

コスメグレードの物をお持ちのかたは
そちらでメイク落としをしてもいいかもしれません。

※コスメグレードとは、化粧品用のオイルのことで
一般的には食用の物よりも不純物が取り除かれていて、
肌への刺激が少ないように工夫されています。
ただ、販売しているところによっては食用の物と
あまり変わらない成分の物もあるようです。

私は切り替えをしてからずっとオリーブオイルで
メイクを落としています。

洗い流すときのコツがありますので、
市販の物よりは扱いにくいですが、
肌に安心なものを使いたいので、我慢できる範囲内です。

メイク落としを手作りすることもできますが、
面倒なので、私は次の方法で使っています。

オリーブオイルを適量手に取り、メイクになじませます。
汚れが浮いて来た感じがしたら、石けんを多めに手に取ります。

オイルを付けた部分にまんべんなくなじませると、
少し重たい感じになってきますので、あとは少し水を足して
油を乳化させます。

あとはいつも通りに水やお湯で洗い流します。
当然、オイルでメイクを落としているので、
洗いあがりがすごくしっとりしています。