お腹を温めて毒素を排出! とっても簡単な方法

おなか

お腹が冷えている時、どうしていますか?

なんとなくお腹が冷えているな、と感じるときがありますよね。
そんな時はどんな対策をしていますか?

または、自分では冷えを自覚していないけれど
実際は冷えている方もいると思います。

おなかが冷えると・・・

実はお腹が冷えていると腸の動きが鈍くなり、出すべきものを
出すことができません。

ダイエットのためにもデトックスのためにも
おなかが冷えるのはよくない事です。

しっかり温めて出すべきものをしっかりと排泄していきましょう。

ダイエットにもおすすめな腹巻き

お腹を温める方法として、私が実践しているのは
腹巻です。

夏場でも冷房の影響でお腹が冷えたりしますので、
腹巻は年中を通しての必需品です。

また、私は一年を通して絹の腹巻を愛用しています。

腹巻きの選び方

一見もこもことしたポリエステルとかの腹巻の方が
温まりやすそうですが、吸湿性がないため汗をかいたりすると
不快な感じになってきます。

絹だと吸湿性に富んでいるので、しっかり汗を吸収しつつ、
お腹を温めてくれるのでお勧めです。

冬とか、どうしようもないくらい冷えたりしたときは
カイロで温めるのもいいですね。

自分の身体を作って体を温める

筋肉があると筋肉が熱を発生しますので、
お腹の冷え防止に役立ちます。

また、腹筋がついてくると気になる下腹部の贅肉対策にも
なりますので、一石二鳥ですね。

お腹の筋肉といえば腹筋ですが、毎日腹筋をするのは大変です。
デスクワークの方だったら座り方、立ち仕事の方だったら
立ち方を少し意識して腹筋を鍛えてみましょう。

座り方を正して腹筋を鍛える

デスクワークの方は座るときに座骨を意識してみてください。
座骨は骨盤がまっすぐになるように座った時に
椅子の座面に当たる左右対称にある骨です。

骨盤がまっすぐではない状態で座ると
関節のゆがみにもつながりますので、
常に座骨が座面に当たるように意識をすると
背筋が伸びて腹筋に力が入るようになります。

立ち方で腹筋を鍛える

立ち仕事の方は立っている時に腹筋を意識して
お腹をへこますようにするといいです。
最初はきついかもしれませんが慣れてきたら
そんなに大変でもありません。

座り方、立ち方をちょっと意識しただけで
姿勢がぐんと良くなります。

腹筋意外にもたくさんの筋肉を使っていますので、
時間がたつにつれてきちんとした姿勢でいる方が
楽になってくると思います。

体の冷えを改善して内臓機能をUP 不要なモノを出せるカラダに!

hie1

内臓、冷えていませんか?

手湿疹などの皮膚トラブルの場合、本来は尿や便から排泄される
べきものがきちんと排泄しきれず皮膚から出ていこうと
しているケースがあります。

その場合は腸や腎臓など、不要なモノを体の外に出す働きを
している臓器が元気に働いてくれれば手湿疹の症状が軽くなる
ことも考えられますね。

冷え症の方は内臓が冷えているかも、と自覚があるかも
しれませんが、手足の冷えは感じないのに内臓だけ冷えている方も
いるようです。
この場合、自覚症状があまりないのでなかなか気づけないケースが
多いようです。私は大丈夫!と思っても時々チェックをして内臓を
気遣ってあげたいものです。

手湿疹に限らず、内臓が冷えていることはいいことではないので、
まずは自分の内臓が冷えていないかどうかを簡単に
チェックしてみましょう。
おへそを挟んで上下に手を当ててみます。
上部と下部とで温度の違いはありますか?

上部が冷えている場合は内臓が冷えているので、内臓を温める
生活を心がける必要がありそうです。

内臓を冷えさせないためにしたいこと

上のチェックで内臓が冷えていることが分かった方は
内臓を冷やさないためにできることからやってみましょう。

・冷たい物を摂り過ぎない。
・陰性の食品を摂り過ぎない。
・クーラーなど、冷房は弱めに。
調節ができない時のために羽織れるものを 持って歩く。
・お風呂はシャワーで済まさずにきちんと湯船につかる。
 (できればぬるめのお湯でゆっくりと浸かるのがベスト。)
・腹巻などでお腹を温める。
・はだしにならずに靴下を履く。
ざっとあげるとこんな感じです。
特に冷たい物の摂り過ぎは気を付けましょう。
夏になるとどうしても冷たい飲み物やアイスを摂って
しまいがちですが、内臓を冷やす原因になりますので、
一度に大量に摂るのは避けたいところです。

体を温める食品を積極的に摂る

体を冷やす食品と温める食品があります。
おおざっぱな見分け方ですが、土から上へ伸びていく野菜は
体を冷やす作用が、土から下へ伸びていく野菜は体を温める作用が
あるとされています。

また、夏に摂れるものや温かい地方で撮れるものは体を冷やし、
冬や寒い地方で摂れるものは体を温めます。

一部例外がありますが、こんな感じで覚えておくと買い物の時に
陰性食品ばかりに偏らないように気を付けられますね。

また陰性食品でも火を通して食べると陽性に
近づけることができますので、
生野菜ではなく温野菜で食べるのもいいですね。

レタスとか、便秘にいいイメージがありますが(私だけ?)
体を冷やしますし、生のままで食べることが多いので、便秘解消に
向いている野菜ではなかったんですね。

むしろ根菜の温野菜サラダとかの方が便秘解消にはよさそうです。

水分の摂り過ぎが体を冷やす! 水分摂取で気を付けるべきこと

mizu

余分な水分は体を冷やす むくみの原因にも

血液をサラサラにするためにたくさん水を飲んで体にとっていらないものをしっかりと出しましょう、とよく言いますよね。

私もダイエットのため、と思って一日中水を飲んでいました。常になんかの飲み物が手元にある状態がふつうでした。
それが体質に合っている人であれば水分がきちんと吸収されて体の中を巡ってキレイにしてくれるのでしょうが、そういう体質ではない人は飲んだものがきちんと処理しきれずに体の中にたまってしまうことがあるのです。

余分な水分がお腹にたまっていれば、その部分を冷やしますからお腹が冷えてしまったりするわけです。
また、冷えていれば当然働きも鈍くなるわけですから排泄機能がきちんと働いてくれなくなります。

水分摂取についても「過ぎたるは猶及ばざるが如し」です。
自分にとってちょうどいい量を知ってそれを守るようにした方がいいです。

水分を摂る時間帯に気を付ける

午前中は体にたまったものを出すのに適している時間。
このタイミングでしっかり水分を撮って体に不要なモノを
出していくといいらしいです。

逆に午後は貯める働きが強まるので、午前中よりは水分摂取を控えめにします。
水分を午前と午後に同じだけ飲んだとしても、トイレへ行く間隔が
午前中の方が短かったりするので、わかりやすいかもしれません。

体を冷やす飲み物を摂り過ぎない

氷が入っていたりする冷たい飲み物やアイスクリームを沢山飲んだり食べたりしたら体が冷えるのは容易に想像がつきますが暖かい飲み物であっても体を冷やす働きをするものもあるので、注意が必要です。

ホットコーヒーは一見すると体が温まりそうですが、体を冷やす飲み物です。
南の国で採れるものは体を冷やす働きをするものが多く、コーヒーもそのうちの一つです。冬になると飲みたくなるココアも同様です。

お茶にも体を冷やす働きをするものがあり、緑茶がそれに当たります。
コーヒーも緑茶も大量に飲むことがないように心がけたいです。

お茶であれば、ウーロン茶や紅茶など、発酵が進んでいる物の方が体を冷やしにくいので、緑茶のうちのいくらかをそれらに置き換えてみるといいと思います。
ただ、ウーロン茶にしろ紅茶にしろどちらにしても水分であることは変わりないので、必要以上にのむことは避けた方がいいです。

みかんの皮でお風呂の塩素対策

mikanburo

みかんの皮でお風呂の塩素対策

冬になると食べる機会の増えるみかん。

みかんの皮をお風呂に入れると
すごくいいことがたくさんあるのです。

まず、水道水に含まれる塩素から
肌を守ってくれます。
塩素はタンパク質を壊す性質がありますので、
肌や髪に多大なダメージを与えます。
手湿疹でお悩みの方は、乾燥肌の方が
多いのではないかと思いますので、
お風呂においても塩素対策をしっかりとしましょう。

みかんの皮に含まれる香りの成分が
いつものお風呂をよりリラックスさせてくれます。
ゆっくりと香りを楽しみながら入力したら
ストレスも一緒に洗い流せそうですね。
また血管を拡張させる効果もあるので、
血行促進も期待できます。

みかんの皮には油分が含まれていて、
その油分が肌を優しく包んでくれるため
乾燥しがちな荒れた肌を保湿してくれるのです。

お風呂用のみかんの皮の準備

食べた後のみかんの皮をただそのまま
お風呂に入れるのではなく、
ちょっとひと手間が必要です。

食べ終わったら、みかんの皮についている
ワックスなどを水でよく洗い流します。
もしかしたら農薬なども少しは残っているかも
しれませんし。
せっかく体にとっていいことをしようとしているのに
農薬がついていたら効果半減です。

しっかりと洗ったら、
カリカリになるくらいまでしっかり乾燥させます。

皮が生のままですと、ピリピリとした刺激があったり、
お風呂後に日光に当たるとシミになりやすくなったりしますので、
ご注意ください。

あとはお風呂一回当たり5~6個程度分程度の
みかんの皮をストッキングやガーゼなどに包んで
お風呂に浮かべましょう。
お湯を張るときに最初から浮かべておいても
いいと思います。

みかんの皮を入れたお風呂は
とにかく体がよく温まるので、
冬のお風呂には特におすすめです。

肌の大敵・塩素をお風呂でも対策

enso

お風呂の塩素も肌の大敵

お風呂のお湯は塩素除去されていますか?
使う水の量が大量なので、いちいち浄水しても
いられないため、わかっていてもついついそのまま
入ってしまったりしていませんか。

お風呂なので、体全体がつかりますので、
やはり塩素が心配です。

お風呂に貼ったお湯の塩素を無害化して
シャワーの変わりに湯船のお湯を使うと
いいのではないかと思います。

そこで簡単にできる手作りバスフィズや
それすら面倒な場合の対処について
書きたいと思います。

緑茶でお風呂の塩素対策

何かの本で読んだので、出展が記載できないのですが、
緑茶を入れたときの茶殻を取っておいて、
ガーゼなどにくるんで湯船に浮かべるだけで
かき混ぜるだけで緑茶に含まれるカテキンが
塩素の害がないお湯に変えてくれるそうです。

緑茶を入れた後の茶殻には、
実はまだまだ有効成分が残っているようで、
お風呂のために新しいお茶っぱを用意しなくても
十分なんだそうです。

緑茶を飲んだ後の出がらしを取っておくだけなので、
お金もかからないのもうれしいですね。

野菜の切れ端を有効活用

料理をしたときに野菜の皮をむいたら、
それをお風呂に入るときに入れることで
塩素の害をなくす方法もあります。

野菜にはビタミンが含まれていますので
そのビタミンが一役買ってくれます。

野菜の中身はおいしくいただき、
皮は湯船で塩素を無害化して、
最後の最後まで野菜を有効活用することが
できます。

無添加の物だけを使ったときの使用感と悩み

化粧品

無添加の物のみを使った使用感

化粧品・メイク落とし、ボディソープ、シャンプーなど
普段何気なく使っていた、刺激となりそうなものを
すべてやめて無添加の肌にやさしいものに取り替えました。

やはり、最初はなれていないせいもあり、
戸惑うこともありましたが続けていくうちに
手湿疹の部分以外では肌に変化が出てくるのを
実感することができました。

普通に売っているものを使うより
明らかに肌がしっとりしてくるのがわかりました。

無添加の物は値段が高い

もともとが合成の物を使っていたせいか、
無添加の物は泡立ちが少ないため必要以上に
使っている部分も多々あったのですが、
内容量のわりに無添加の物って値段が高いですよね。

合成洗剤でできているものに比べて無添加の物は
量が少なく値段が高いので、続けていくのが
大変に感じてきました。

また、無添加と書かれていてもたくさんの成分が
配合されていてどの成分に肌が反応しているのか、と
思うと自分で作って、肌のために調整をして使いたいと
感じるようになってきました。

合成洗剤を使っていたときには、配合成分は
表に書かれている、○○配合の部分しか見ていず、
これだけでもずいぶん肌に気を使うようになったなと
思いました。

この思い立ちから、徐々に手作りコスメに
興味を持つようになり、簡単な化粧水などから
作り始めるようになりました。

実際に作って使ってみると、
肌の調子が思っていた以上によくなること、
コストパフォーマンスもとてもよく
ほとんどタダなので、これは手湿疹が治った今でも
ずっと使っています。

シャンプー・ワックスも無添加の物を使う

シャンプー

シャンプーももちろん無添加に

切り替えるときに一番悩んだのはシャンプーでした。
シャンプーを石けんですることにすごく抵抗がありましたし、
次の日に髪がごわごわしたらいやだなと思ったからです。

特に子ども用のシャンプーで石けんシャンプーをして
髪がごわごわになるのを体験済みだったので、
なかなか切り替える勇気が出なかったのです。

近所の薬局の無添加コーナーには、
モルトベーネの「ピュアナチュラル」というシリーズが
売られていて、子ども用のシャンプーとして使っていたので、
まずはこれに切り替えをしてみました。

洗いあがりはさほど問題は起こらず、
無添加のシャンプーなのに、意外にしっとりしていました。

しばらくはこのシャンプーを使って
無添加シャンプーとしていました。

このシャンプーを選択したとき、ネットで無添加シャンプーの
レビューを見ていましたが、パックスのシャンプーも
結構評判が良かったです。

ヘアケア用品・基礎化粧品も無添加に

洗剤をすべて無添加にして、満足した気になっていましたが、
肌につける物も、すべて無添加にしなければダメだと
思い立ち、ヘアワックスや、化粧品もすべて変更しました。

化粧品は、もともとが無添加指向だったので、
少しパラベンが入っているくらいで
あとは合成の成分の入っていないものを使っていましたので、
これを引き続き使うことにしていました。

リップクリームは、最初に口唇炎ができたときから、
今使っているものはやめた方がいいと言われていましたので、
ずっと病院でもらっていたプロペトを使っていました。

使っているものを見直すときにリップクリームについても
無添加の物で、何かいいものはないかと探していたとき、
自分で作れることを知り一回作ってみると、すごく簡単にでき、
使い心地もよかったので、それからはリップクリームは
子どもの分も含め、自分で手作りしています。

オイルの配合などで使い心地は変化するのでしょうが
それについては今研究中です。

メイク落としにも含まれる界面活性剤や刺激物

メイク落とし

メイク落としにも含まれる合成界面活性剤

今までは、カ○ボウとかのメイク落としを使っていました。
でも、成分表を見てみるとわかりますがずいぶん肌への
刺激となりそうなものが入っています。

そして、ここにも合成界面活性剤が含まれています。

大体の場合、メイクは油分を多く含んでいるため、
油を浮かせて汚れを落とし、水で洗い流しますが、
油と水は通常であれば混ざらないため
乳化させることが必要となってきます。

ここで必要になってくるのが合成界面活性剤です。

油っぽいメイク落としを使っても、つるっと
水で流せるのは、界面活性剤のおかげだったのです。

メイクを落とすときには、顔全体になじませるのは
もちろんのこと、手の平、指、いろんなところに
メイク落としが付きますね。

一時期目の近くにも湿疹ができてしまっていたので、
自然成分のメイク落としに変更することにしました。

メイク落としはオリーブオイルで代用

マスカラとかは落ちにくいときもありますが、
メイク落としはオリーブオイルとか、食用の物でも
十分代用可能です。

本当は食用の物ではなく、コスメグレードの物を
使った方がいいのかもしれませんが、コスメグレードの物は
値段がすごく高いため、食用の物で代用しています。

コスメグレードの物をお持ちのかたは
そちらでメイク落としをしてもいいかもしれません。

※コスメグレードとは、化粧品用のオイルのことで
一般的には食用の物よりも不純物が取り除かれていて、
肌への刺激が少ないように工夫されています。
ただ、販売しているところによっては食用の物と
あまり変わらない成分の物もあるようです。

私は切り替えをしてからずっとオリーブオイルで
メイクを落としています。

洗い流すときのコツがありますので、
市販の物よりは扱いにくいですが、
肌に安心なものを使いたいので、我慢できる範囲内です。

メイク落としを手作りすることもできますが、
面倒なので、私は次の方法で使っています。

オリーブオイルを適量手に取り、メイクになじませます。
汚れが浮いて来た感じがしたら、石けんを多めに手に取ります。

オイルを付けた部分にまんべんなくなじませると、
少し重たい感じになってきますので、あとは少し水を足して
油を乳化させます。

あとはいつも通りに水やお湯で洗い流します。
当然、オイルでメイクを落としているので、
洗いあがりがすごくしっとりしています。

化粧品も無添加にこだわる 肌への刺激を極力さける

化粧品

メイク用品も見直しをしてみる

すべて無添加にするために普段使っている化粧品も
見直しをしました。

ファンデーションは元からファ○ケルの物を使っていたので、
無添加化粧品として問題なしとしました。

マスカラは、メ○ベリンの物を使っていて、
無添加ではないのですが、ファンケルの物を使ったとき、
お店ではきれいにカールが持続していたのに、
次の日にやってみたら、全然ダメでした。

たぶん、お店に行くときにつけたメ○ベリンのマスカラが
落としきれずに残っていて、カールが持続したんだと思います。
恐るべし!メイ○リンと思いました。

ファンケルのマスカラを上手に使うコツがあるのかと、
しばらくいろいろ試してみましたが結局うまくいかず、
メイベリンに戻してしまいました。

手作りの方向も探ってみましたが、衛生上の問題もあり
マスカラは手作りは向いていないみたいです。
またメイ○リンなどのあのカール力はアセトンが絡んでいるようで、
手作りであの使用感を出すのは難しいようです。

無添加の物で、カールがきちんと持続するものがあれば
私も知りたいなと捜索中です。
見つかったら追記したいと思います。

アイシャドーやアイブロウも無添加を目指すが・・・

アイシャドーはそういえば100均の物を使っていて、
肌によくなさそうです。
目のあたりに湿疹のようなものができたときは
本気で考えましたが、化粧品売り場へ行くのが億劫で、
今でも100均の物を使っています。

本当はアイシャドーもファンデーションも手作りできるようで、
やってみたいなと思いつつ、なかなか実行できずにいます。

色を作る、という作業が難しそうで
なかなか思い腰が上がりません。。。

チークは今は使っていないのですが、これも手作りして
使っていきたいけど、まだ実行できていません。

アイブローペンシルは資○堂の物を使っていますので
無添加の物ではないのですが、これもいつか手作りしようと
思ってできていないものの一つです。

一時期顔も肌荒れした時期にファ○ケルの物を使っていましたが
なくなってしまったので、資○堂に逆戻りです。

すべての洗剤を無添加の物に変更する

洗剤

すべての合成洗剤を排除

合成洗剤は、汚れがすごくよく落ちるけれど、
肌に必要な保湿成分まで奪ってしまうことは
手湿疹の原因は普段使っている洗剤かもで
記載しました。

このような理由から、より低刺激で
より肌にやさしい天然由来の物にすべて変えました。

台所・洗濯洗剤はすでに無添加の物を使っていましたので、
新たに変更したものは、シャンプーなどボディケアの
商品でした。

ボディシャンプーは、固形石鹸に変更し、
無添加せっけんを使いました。

洗い心地はあまりいいものではなく、
無添加の物は肌にはいいけれど・・・と
思ってあきらめていました。

手以外の部分についてはひどい乾燥肌ではなかったので、
洗い心地だけ目をつぶれば、肌トラブルは起きませんでした。

ホームセンターで使用感がいい無添加石けんに出会う

どこかのホームセンターで買ってきた、
元ちゃん石鹸がすごく洗いあがりがよかったです。

すごく洗いあがりがしと落ちしていて、
気に入っていたのですが、溶け崩れが激しく
すぐになくなってしまいました。

次に同じホームセンターに行ったときには
すでに売り切れていたようで、購入することは
できませんでした。
でも、無添加せっけんは使い心地が悪いと
あきらめていたものを、探せばいいものがあると
思い直すきっかけになった石けんでした。

ネットで探すと、手作り石鹸でもすごく贅沢な物があり、
購入して使てみたいなと思うものの、
値段がすごく高いのでビックリしました。

無添加の石けん一つで、そこらへんで売っている
無添加石けんがいくつも買えてしまう金額でした。

そこでいろいろ調べていくうちに石けんを手作りできると
いうことを知り、自分で作ってみようと思い立つのでした。